遅すぎるオタクの話

揺りかごから墓場まで

推しの話

 

こんにちは。

GW終わってしまい、今日も元気に会社行ってきました。もう休みたい。

 

 

今日は推しについて話そうと思います。

 

 

 

私の推しの一番好きなところは名前です。

最初聞いたときは身震いしました。何て素晴らしい名前なの…すぐ離婚していいから結婚して名字くださいって今でも思ってます。

あとは炎上する気配がないところも好きです。安心できます。

とても真面目です。失敗したこととか悔しかったこととかずっと忘れずにいます。その日付まで覚えてたりします。

正直演技や歌に関してはピカイチとは言えませんが、仕事に対する姿勢は本当に立派だなと尊敬しています。

 

昔はプレゼント送ったり全通したり手紙かいたりと今よりも熱いファンだったのですが、生活環境が変わり、今までのようにファンでいることが難しくなりました。今では好きというよりは尊敬のほうが大きいかもしれません。こういうのをファン降りるというのでしょうか?

 

 

 今の私は心理的にもですが物理的にできなくなってしまったことが多いのです。あのときこうしてればよかった、あと1公演増やせば良かった、手紙書けば良かった、グッズ買えば良かったと思い残すことも多々あります。

できるときにやれることをやるって大切なこと。後悔しない人生を送りたい。送りたかった。

 

 

 

とりあえず推しは私にその名字をくれ